会 則

ひまわりの会 会則

(名称)

第1 条 本会の名称は「ひまわりの会」と称する。

(目的)

第2 条 本会は、ターナー症候群本人及びその親族、本会の主旨に賛同する者が集まり、ターナー症候群の子供達が将来において、一般社会人として生活できる治療体制の確立及び正しい知識・情報を提供し、会員同士の親睦を深めることを目的とする。

(構成)

第3 条 本会は、一般会員と遠隔地会員ならびに賛助会員から構成される。

一般会員と遠隔地会員はターナー症候群本人及びその親族、賛助会員は本会の主旨に賛同する者とする。

近畿圏(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)以外にお住まいの方は一般会員及び遠隔地会員のどちらかを選択することができる。

入会及び脱会は自由とする。ただし、入会及び脱会の際には本会に届け出るとこが必要で

ある。

(所在地)

第4 条 本会の事務局を会長宅に置く。

(活動)

第5 条 本会は目的遂行のために、以下の活動を行う。

(1) 大阪を中心として運営し、全国のターナー症候群の会と連絡を取り合う。

(2) ターナー症候群について、理解を深めるために集会を年間4 回程度開催する。

(3) 会員相互の親睦を深めるための行事を開催する。

(役員)

第6 条 本会には以下の役員を置く。

会長・副会長・会計・会計監査人・書記・広報・企画

役員の任期は1 年とするが、再選を妨げるものではない。

(会費)

第7 条 一般会員と賛助会員の会費は年間5,000 円とし、遠隔地会員(近畿圏外以外在住で会報等の郵便物のみを希望する方)は年間2,000円とする。
ただし、遠隔地会員が本会の集会等に参加する場合は参加費1,000円を別途徴する。

会費は、本会の運営費用に充てる。

会費の使用状況は総会で会計より報告をする。

(規約改定)

第8 条 この会則は総会で過半数の同意をもって改正することができる。