会報バックナンバー

会報「ひまわり」 

     会員の方のみ、過去の会報と、講演会で講師の方が使用された資料をご覧いただけます(講演会資料は公開の許諾をいただけた資料のみ)。

ご覧いただくには会報に記載されたIDとパスワードが必要です。

過去の会報に記載されている連絡先は発刊当時の連絡先です。現在は変更されておりますので連絡しないでください。全国の家族会への連絡はclub-turenerのサイトをご参照ください。

会報 「ひまわり」
  • No.1 1995年2月
    講演記録「産婦人科医からみたターナー症候群」田村昭蔵先生
    本人への告知に関するアンケート結果,母親,本人の投稿記事
  • No.2 1995年5月
    講演記録「ターナー症候群の人たちのクオリテイオブライフについて」岡田義昭先生
    574家族の署名が集まった成長ホルモン治療についての厚生大臣への嘆願書
  • No.3 1995年11月
    講演記録「欧米におけるターナー症候群の人達の現状」藤田敬之助先生
    講演記録「告知について」近藤昌子先生
    講演記録「各種親の会の現状」長谷川知子先生
  • No.4 1996年3月
    講演記録「ターナー症候群の原因について」長谷川知子先生
    ディスカッションの議事録,会が紹介された新聞記事の内容
  • No.5 1996年6月
    講演記録「ターナー女性に関する最近の話題 ターナー女性と骨粗鬆症」長谷川 奉延先生
    骨粗鬆症対策を提案いただきました。
  • No.6 1997年3月
    講演記録「ターナー症候群に対する成長ホルモン治療」ローゼンフェルト教授
    学校生活に関するアンケート結果など
  • No.7 1997年11月
    講演記録「ターナー症候群の治療 一婦人科的立場から」康 文豪先生
    講演記録「ターナー症候群の二次性徴および心身に関わる問題について」林 知恵子先生
    第4回国際ターナー症候群協会カンファレンス参加報告など
  • No.8 1998年7月
    講演記録「ターナー症候群の心理的ケアについて」仲野 由季子先生
    112名への診断・告知・学校生活などに関するアンケート結果,レクリエーション感想など
  • No.9 1998年12月
    1万6千人分の署名簿 厚生大臣への提出を取り上げた新聞記事
    講演記録「思春期における治療と告知」横谷 進先生
    ヒト成長ホルモン製剤とクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)および白血病との関係について
  • No.10 1999年4月
    講演記録「思春期以降の治療について」甲村 弘子先生
    症例報告「56歳まで無治療であったターナー症候群の一例」岡本 新悟先生
    成長障害の早期発見のスクリーニング法であるWHAMES法紹介など
  • No.11 1999年11月
    講演記録「ターナーと私、30年にわたるおつきあい」日比 逸郎先生
    卵子提供による不妊治療促進について
    「熊本のりんどう会に参加して」など
  • No.31 2014年春
  • No.32 2014年秋
  • No.33 2015年春
  • No.34 2015年秋
  • No.35 2016年春
  • No.36 2016年秋
  • No.37 2017年春
  • No.38 2017年秋
  • No.39 2018年春
    講演記録「ターナー症候群の歯科矯正治療について」山城 隆教授
講演会資料
  • 準備中