就職についての情報(サイト&イベント紹介)

ターナー女性は、得手不得手がはっきりしている傾向があり
全員ではありませんが、このことが、社会に出て仕事をする
ということに対し、影響を及ぼしているケースが見られます。
 

ただ、このようなことは決してターナー女性だけではなく
一般の方にも、一定の割合で見られます。
 

社会でも、このような人たちも働けるように、という動きがみられています。
障害者雇用促進法の改正により
2018年4月から企業に義務付けられた障碍者雇用率が引き上げられたこともあり
就労・転職を支援する企業・事業者の活動も活発になっています。
 

その一つとして、下記のようなサイトがあります。
この就労・転職を支援する企業は、今年から関西でも説明会を開始するようです。
 

https://mlg.kaien-lab.com/
 

ご興味のある方はご覧ください。
 

ただし、これは「障害者として、障害者枠で雇用されたい」という方が対象です。
ご自身の考え方などと照らし合わせながらご考慮ください。
 

※上記サイトは就労支援の一例として挙げたものです。
会として説明会への参加を推奨・斡旋するものではありません。
また、特定の企業・事業者に対して、会として賛助・参画を意図していません。
 

また、これからも、企業による説明会は行われるかと思います。
関心のある方は、継続してこうしたサイトをチェックするのも、情報源の一つかもしれません。