社会人のご本人より

私は、小学生から短大卒業後までピアノを習っていました。
まず、空間認知が弱く、楽譜を読むことに苦労しました。
不器用さも加わり、進度は遅く、同級生がソナチネを弾いていても私はまだバイエル・・・。という状態でした。

先生は「なぜ、この子は・・・?」と思いながらも根気強く教えてくださいました。
それでも、好きだったこともあり、高校生になってほかの生徒さんが辞めていっても、続けていました。
続けてさえいれば少しずつ上達していくもので、最終的にはグレードを取得しました。

「時間がかかっても地道にやれば実を結ぶ」
このことは大人になった今でも自分の不器用さに焦るときに言い聞かせています。これはある意味大きな宝物だと思います。何をするにも諦めない根性が身につきました。

これには、辛抱強く教えてくれた指導者との出会いも貴重なものだったと感じます。時間はかかるけど、その分長生きしようと悠長に構えています。